2015年9月7日月曜日

「今のは、おやすみのキス? そ・れ・と・も……」と彼女は言った。

「笑い」の感覚は人によってまったく違う。

18歳のときに、フランス人の女の子とデートした。

彼女を送って、下宿の玄関の前で、キスをした。唇(くちびる)に軽くキスをした。

「ねえ……。今のは、おやすみのキス? そ・れ・と・も……」
'Well....  Is that a goodnight kiss?  Or....'

その後(あと)、私たちは黙(だま)ったままでいた。

「Is that...?のところは、過去形か、あるいは現在完了にしなければいけないんじゃないのかな?」と私は思っていた。

一方、彼女は「『おやすみのキス』の反対のことばは、何だっけ?」と考えていた。

私たちふたりは、初(はじ)めから違う方向を見ていたのだろう。


あることをきっかけにして、30年以上も前のこのことを思い出したわけなんだけどね。

それから、このことを話してみたところ、男性はくすっと笑って、「気の利(き)いたことをいう娘さんだね」とか、「おもしろいことを言うねえ」とか、そういう反応をした。

ところが、女性の場合、なぜか、全員が大笑いした。10代後半から80代まで、爆笑した。

近所のスーパーマーケットで、後ろにほかのお客さんがいないときに、馴染(なじ)みのレジのおばちゃんに「今のは、おやすみのキス? そ・れ・と・も……」の話したところ、そのおばちゃんだけでなく、残りのレジのおばちゃんたちも大笑いして、レジ全部が5秒ばかり崩壊(ほうかい)した。

なぜ、そんなにおもしろいのか、私にはさっぱりわからないままである。

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@