2010年8月9日月曜日

リーバイスはもう買わない。

 リーバイスLevi Strauss & Co.はもう買わないと決意してから、2年が経った。そうしたら、いつのまにか、シーンズの残りが2本になった。
 リーバイスのジーンズは買わないことにしたのは、品質が異常なまでに劣化したからだ。本体と、後ろポケットのつなぎ目から破れ始めたりするようになったからだ。
 金属アレルギーがあるのだが、前のポケットに鍵を入れると、以前と較べて、生地が薄くしたらしく、金属アレルギーで、ふとももがかぶれるようになった。
 以前なら、まずは、膝(ひざ)に穴が開いたものだが、その前に、ほかのところが駄目になるようになった。膝が駄目になった場合は、半ズボンにして穿(は)き続けることができるが、股(また)より上から先に駄目になるようだと、捨てるしかない。
 こうしたことに、一般消費者が気づかないとでも思っているのだろうか?

 今の若者はリーバイスなんかに興味はないらしい。そんなところへ、長年、穿(は)き続けた者を離反させるような品質劣化を導入したら、経営難に陥(おちい)るのは必定(ひつじょう)だ。
 確かに、ビジネスとは金儲(かねもう)けだが、長期的な視点のない、短期的な利益追求は自らの首を絞(し)めることにしかならない。
 いずれにしろ、今後は、2度とリーバイスは買わない。

 問題は、これからはどんなズボンを買うかということだ。うーん。

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@