2008年12月18日木曜日

挨拶

 ウェブサイトの更新がわずらわしいので、個人的な部分を含むブログを始めることにした。受験勉強に関わることを中心に、いろいろとしたためていこうと考えている。
 まず、ブログのタイトルについてだが、「日乗」とは「日記・記録」のことである。ブログのタイトルに「日乗」を入れている例は少なからずある。「日乗」が入った書籍の題名としては、『断腸亭日乗』が有名。これは小説家・永井荷風の日記だ。大正6年から昭和34年まで記されているので、そのころの東京がどういうふうなものであったかを知るのによい資料である。関東大震災や東京大空襲のことも書かれてある。
 副題のようなものとして、l'homme révoltéとしてあるが、これは「反抗的人間」と一般に訳されるフランス語で、もともとはアルベール=カミュAlbert Camusの著作L'Homme révoltéから採ったものだ。
 アルベール=カミュの作品で最も有名なのは『異邦人』L'Étrangerであり、これは第2次世界大戦後、現在まででフランスで最大の発行部数を誇っている。しかし、フランス人がそれほど『異邦人』が好きというわけではなく、じつのところ、中学や高校の授業で扱ったり、課題図書に指定されたりするからというのが理由である。日本でいえば、毎年8月の文庫本の売り上げが最高である作品が、夏目漱石の『こゝろ』であるのと事情は似ている。
 ハンドルネームを掃除機庵主人としたのは、つぎの理由による。掃除機496和訳道場で、お笑いネタのつもりで、HAL496での指導方法を「掃除機496方式」と名づけてしまったから、その勢いで「掃除機」を使おうと考えた。また、風流な感じがする、ちょっと年寄りくさいハンドルネームにしたかったということもある。そういうことから、掃除機庵主人とした。それ以上は、あまり深くは考えていない。
コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@