2014年2月20日木曜日

『ハウルの動く城』の英語とフランス語の吹き替えの特徴

『ハウルの動く城』にかぎらず、スタジオ=ジブリのDVDには、英語の吹き替えと、フランス語の吹き替えがついている。英語とフランス語の字幕もついている。

『ハウルの動く城』Howl's Moving Castleの原作は、英国の作家ダイアナ=ウィン=ジョーンズDiana Wynne Jonesによるものである。

フランス語の吹き替え・字幕は、スタジオ=ジブリのものを忠実に翻訳している。日本語から訳しているのがよくわかる。

ところが、英語の吹き替え・字幕は、なんでそんな訳になるのかというものになっていることが多い。

どうやら、英語版の吹き替え・字幕の担当者は、原作を読み込んでいるらしい。原作の該当(がいとう)する箇所から訳文を作っているらしい。かなり日本語を無視している。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@