2014年2月26日水曜日

ヤマハのピアノ教室の変節

ヤマハのピアノ教室は、昔は、ピアノは3歳から始めないとものにならないと宣伝していた。

ところが、最近は、何歳になってもピアノは始められますと言っている。

少子化もあり、かつ、ピアノをやっても、ほとんどがプロになれないということもあった。投資額に対する見返りが少ないというのは音楽全般に言えることなのだが……。

かつ、ヤマハが秀逸なローンのシステムを構築するまでは、ピアノをしているのはひとつのステータスであった。高価な楽器が購入できる家庭であるということだった。

ところが、ヤマハがローンを設定することで、中流家庭でも購入できるものになった。

なお、日本製のピアノがことごとく黒いのは、木目(もくめ)の汚さを隠すためである。黒くすることによって、廉(やす)いピアノが製作できるようになった。ピアノの高級品には、木目を残すものもあるようである。

さらには、電子ピアノが登場し、今では、数万円もしなくなった。自宅での稽古(けいこ)に電子ピアノでよいとなると、ピアノのお稽古にまつわるステータスがなくなってしまった。

以上のことから、少子化とともに、子どもにピアノを習わせる親が減った。

そこで、生徒を集めるために、ピアノは何歳からでも始められますと宣伝するようになった。

ほかの楽器ができる人が中年になってからピアノを始めても、多少は大丈夫そうだが、音楽の素養がまったくなければ、ものにならない気がする。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@