2013年5月21日火曜日

漫画家・本宮ひろ志は嫌がらせのためだけに浦安市から白浜町に引っ越した。

収入の大半が印税だからというよくわからない理窟(りくつ)で、浦安市が、宴会の費用を必要経費として認めなかったことに、『サラリーマン金太郎』『男一匹ガキ大将』などで知られる漫画家の本宮ひろ志は、腹を立てた。そこで、運営するプロダクションと自宅を千葉県浦安市から白浜町(現・南房総市)へと移転させた。

住民税には、均等割と所得割とがあって、所得割は前年度の所得に応じて課税される。高額所得者がいれば、それだけ住民税は増える。

本宮ひろ志とそのプロダクションが引っ越したことで、浦安市居住のスタッフまでもが引っ越し、その結果、浦安市の税収は5億円くらいの減収となったと記憶している(もしかすると、3億円の記憶違いかもしれない)。20年で100億円だ。

これは、たかだか20万円の宴会の費用を経費として認めなかった職員が悪いな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@