2012年11月11日日曜日

うちの近所のコンビニエンス=ストアに長友佑都の同級生だった店員がいた。

うちの近所のコンビニエンス=ストアにインテル=ミラノFootball Club Internazionale Milanoの長友佑都(ながともゆうと)の高校時代に同級生だったという店員がいた。

その店員は東福岡高等学校で、長友佑都と同級生だったという。彼は野球部で、長友佑都はサッカー部だったので、同じクラスになったことはなかったそうである。

その店員は、高校時代の戦績が、長友佑都にしても、自分にしても、それほど目立ったものではなかったという点で共通しているのに、今では(2015年からというのが正確か)、長友佑都は年俸(ねんぽう)が80万ユーロ€800,000(2012年9月の時点で8,000万円くらい)で、再契約の年俸が140万ユーロ€1400,000(1億5千万円くらい)で、一方、その店員本人は深夜の勤務で時給1,050円という。なお、サッカー選手の年俸(ねんぽう)は、税抜きの金額を発表する。日本の野球選手の年俸は、税込みで発表する。だから1億5千万円をイタリアの税率43%を引いた0.57で割ると、2億6千万円以上になる。

「ああ、どうして、こんなにも違っちゃったんだろうな」と彼は言った。

その後、私は考えてみた。

まず、素質が違う。母方の祖父ならびに大叔父は競輪選手である。父方の祖父は明治大学出身のラグビー選手である。

つぎに、長友佑都は運にも恵まれている。

U-22代表に選ばれたきっかけは、明治大学のサッカー部の神川明彦(かみかわあきひこ)監督が、明治大学の1年後輩で、U-22のコーチである江尻篤彦(えじりあつひこ)に、騙(だま)されたと思って見て欲しい選手がいると電話をかけたことである。神川明彦監督は、「(大学の後輩の)江尻がコーチでなければ電話はできなかった。直接話せる人がそういう立場にいることはなかなかないし、運命だった」と語っているそうである。

また、長友佑都がインテル=ミラノにレンタル移籍した際の監督はレオナルドである。レオナルドは以前、鹿島アントラーズに在籍していた。日本代表監督のアルベルト=ザッケローニに電話で会話を交わし、長友佑都のレンタルを決めたそうである。

3つ目は、本人の努力と人柄(ひとがら)のよさであろう。

違いが生じるのは、それ相応のものがあるのだろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@