2012年11月20日火曜日

オーストリア人は、帝国陸軍航空隊三式戦闘機「飛燕」(キ61)よりすごいらしい。

 去る10月14日、レッドブル=ストラトス(Red Bull Stratos)というプロジェクトで、オーストリア人のフェリックス=バウムガルトナーFelix Baumgartnerが39,014m(128,000ft)の成層圏から超音速自由落下supersonic free fallを成功させた。時速1,342.8km(マッハ1.2)を記録した。

 一方、第2次世界大戦中、陸軍航空隊三式戦闘機「飛燕」(キ61)は、あるとき、急降下の際、時速900km(559.2マイル)の速度計を針が振り切り、衝撃音波sonic boomがあったというから、音速を超えても壊れなかったくらいに頑丈(がんじょう)だった。

 70年以上前の設計で、音速でも壊れない戦闘機はすごいと思っていたが、オーストリア人のほうがすごかったわけか。























 この動画はレッドブル=ストラトス=プロジェクトの見所(みどころ)である。



 この動画は世界最短の自由落下the world's shortest free fallということで、フェリックス=バウムガルトナーが余興(よきょう)でやったもの。こういうものも好きだ。



 1960年にジョセフ=キッティンガーJoseoph Kittingerが31,200m(102,800ft)から自由落下する動画が登場する。それにしてもアメリカ合衆国の空軍は、すごいなあ。1960年には、この水準に達していたのか。
 1940年代前半に超音速で急降下しても分解しないということで喜んでいるようでは、敵(かな)わない。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@