2012年11月23日金曜日

日本大学藝術学部映画学科の女子学生に憤慨(ふんがい)された。

 私はあまり映像的人間ではない。じっと画面を見つめていると、大脳が空回りするというか、アイドリング状態になるというか、退屈してしまうというか、とにかく、焦(じ)れてしまう。
 だから、DVDを買って、再生しても、大抵(たいてい)は画面を観ていない。音声を聴きながら、進学塾・予備校である当校のための学習用プリントを作成しているだけである。
 100回以上再生したDVDなのに、あるとき、ふっと画面を見て、音声だけでは、どうにも理解できないやりとりの真相を知るということがよくある。

 そんなことを近所に住む日本大学藝術学部映画学科の女子学生に話したところ、こう言われた。

 ということは、私たちが物や人間の配置や、光の当て方や、色彩の使い方を懸命に勉強しているのに、掃除機さんは、それを全部、ラジオ=ドラマ化しているんですか!?

 いやはや、まあ、そういうことになるな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@