2013年5月20日月曜日

「屠(ほふ)る」の読み方は、理屈にあっていない。

「屠る」は「殺す」の意味だが、その読み方は一般に「ほふる」とされる。これだけが、なぜか、正仮名遣(せいかなづか)い[=歴史的仮名遣い]のままである。

 もしも「ほふる」であれば、「ふ」は「う」となる。「ほうる」となり、発音自体は「ホール」になる。

「屠る」は「ほうる」でなければならないはずだが、どういうわけか、これだけは「ほふる」のままなのである。

 理由は、思いっきり端折(はしょ)ると、こんなところだろう。

 大東亜戦争終戦後、現代仮名遣いが導入されたが、漢字制限も受けた。当用漢字表である。のちに、当用漢字表は、漢字が少なすぎるということで常用漢字表に変更した。

 漢字の制限があるので、「屠る」は使えなくなっていた。音読みの場合の熟語でも、「屠殺(とさつ)」は、「と殺」と表記されるようになっていた。

「屠」の訓読みに接することなく、ずいぶんと長い期間が経(た)ったわけだ。

 一方、辞書編纂者(じしょへんさんしゃ)も、使われないことばということもあって、「屠る」を「ほふる」として掲載したままだった。

 近年になって、少ない漢字だけでは印象に残ることが難しくなって、「屠る」を使うようになったが、このことばを採用する側にしても、普段から使っていることばではないので、辞書の記述を鵜呑(うの)みにする。

 こうしたことから、「屠る」は「ほふる」と読むのが定着した。

 しかしながら、なぜ、歴史的仮名遣いのまま読むのか、いさかか疑問に感じる。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@