2013年2月16日土曜日

バレンタイン=チョコレートの1粒あたりの単価の急変

バレンタイン商戦のチョコレートの値段が変わった。少なくとも、有名百貨店の通信販売では、1粒あたりの単価が急上昇したようである。

昨年(さくねん=2012年)までの印象だと、1粒あたり280円を超えるのは避けるような自主規制がチョコレート業界にあったように思う。

ところが、たとえば、ピエール=マルコリーニPierre Malcoliniのトリュフ=シャンパーニュTruffe Champagneは小さな粒なのに、1粒あたり350円のを出していて、それがちゃんと売り切れていた。1グラムあたり270円という代物だったと記憶している。

インターネットがあれば、超高級チョコレートでもそれなりに売れるらしい。

銀座や自由が丘に店を構えていても、そこに来る人しか、買わない。ところが、銀座や自由が丘に店を構えている有名店のチョコレートを、試しに食べてみたいを思う女性は少なくない。

それを見たチョコレート業界は、インターネットを使った通信販売では、1粒あたり400円や500円でも売れると踏(ふ)んだ。

そして、そうしたものでさえ全部、売り切れていた。

うーん、インターネットの力は凄(すご)いなあ。

1粒あたり500円のチョコレートを買った女性は、たぶん、男性への贈り物としてではなく、たぶん、「自分へのご褒美(ほうび)」なんだろうな。男性にとって、チョコレートの旨(うま)さは、繊細(せんさい)なところは、わからないから、贈るだけ無駄だからな。

追記:東京都目黒区自由が丘にあるモンサンクレールMont St Clairでは、1粒1,000円のチョコレートが売られている。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@