2013年7月28日日曜日

25年以上使っていた文化鍋が壊れたが、修理ができない。

文化鍋(ぶんかなべ)が壊れた。取っ手のつけ根のところが緩(ゆる)んで、そこからお湯が洩(も)れるようになった。あるとき、コンロにお湯が溜(た)まっていたが、吹きこぼした記憶もないので、変だと思ったが、その後、取っ手のつけ根のところが緩んでいたのが判明した。

ところが、鍋などの金属製品の修理業者である鋳掛屋(いかけや)が今では存在しない。修理のしようがない。練馬区のリサイクル=センターでは、一時期、鍋の修理をしていたが、それでも蓋(ふた)の修理だけだった。鋳掛屋に修理してもらうよりも、支那製のものに買い換えるほうが廉(やす)く済むのだろうから、日本人は直してまで鍋を使い続けることがなくなったんだろうな。



25年以上も使っていたので、多少、修理代が高くついても直して使い続けたいのだが……。最初は炊飯用(すいはんよう)として使用し、炊飯用の土鍋(どなべ)を買ってからは、スパゲティなどを茹(ゆ)でたり、カレーや煮物を拵(こしら)えたりするのに使っていた。

修理できないので、新しく鍋を買うことにした。今のところ、検討しているのは、無水鍋(むすいなべ)である。



このデザインであれば、なかなか壊れにくい。50年は使えるはずだ。しかし、今の年齢を考慮(こうりょ)に入れると、自分のほうが先に死んでしまうな。

人の生命(いのち)の儚(はかな)さを感じる。

追記:結局、自分の残りの寿命よりも遥(はる)かに長持ちする無水鍋を買ってしまいました。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@