2013年4月27日土曜日

40歳を超えると、同窓会で、雛壇(ひなだん)で記念写真を撮るときには、なぜか、多数がいちばん上の段に立ちたがる理由

 40歳を超えると、同窓会で、雛壇(ひなだん)で記念写真を撮るときには、なぜか、いちばん上の段に立ちたがるやつが急に増える。

 私は、5列あるうちの前から2列目に並ぶ。写真屋さんが、最後列に固まらないで、ばらけるようにと指示するのだけれども、なかなか、前の列に行こうとしない。もともと背の高い連中が後ろにいるのは理解できるが、背が高くないというか、寧(むし)ろ、背の低い連中も前に移動しようとしないという局面がある。

 その後、背が高くないのに、最後列、つまり、雛壇(ひなだん)のいちばん高いところに立ちたがった連中を観察してみた。

 全員が、天辺禿(てっぺんはげ)だった。

 つまり、上から禿(はげ)を見下(みおろ)されるのが嫌で、高身長でもないのに、最後列に立とうとしていたということらしい。

 なお、これまでの個人的な経験からすると、天辺禿(てっぺんはげ)になる人は、数学や物理の才能がない。

 このことを指摘したところ、小学生から高校生まで、天辺禿(てっぺんはげ)の教師に算数・数学・物理を習った経験のある生徒たちは、全員が、確かに教え方がおかしな教師だったという感想を洩(も)らした。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@