2013年4月29日月曜日

水道は国営もしくは市営・町営すべて民営化しますと麻生太郎が言った真意を検討してみる。

 諸外国にあっては、民営の水道には碌(ろく)なものがない。ところが、麻生太郎は、水道はすべて民営化するとワシントンDCで発言した。

 私は法律的なことはよくわからないのだが、こんなことを考えた。

 国営や市営・町営のままだと、法律上の規制により、その水道運営のノウハウを海外に輸出できない。ところが、民営化すると、ノウハウを海外に販売することができる。

たとえば、医療技術のロシアへの輸出を最近、決めたようである。

 水道民営化計画には、このくらいの深謀遠慮(しんぼうえんりょ)があるのかもしれないと思ったのだが、どうなのだろうか?

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@