2013年4月18日木曜日

貧困層が多い同窓会が冬に行なわれると毛糸のセーターを身に着けている人が多い。

 貧困層が多い同窓会を冬に行なうと、セーターを着ている参加者が異常に多い。貧乏なサラリーマンの場合には、溝鼠色(どぶねずみいろ)の安物スーツ姿も見かける。

 貧乏な人々は、同窓会だからといって、高価な服を誂(あつら)えることができない。

 そこで安物セーターの登場である。1,000円や2,000円のセーターだってある。高価なセーターと安物セーターの違いは、安物セーターは、毛玉ができやすかったり、2回か3回、着ただけで、肘(ひじ)のところが伸びたりするが、高価なセーターはそういうことがないという点である。

 しかし、買ったばかりのものを着る分には、さほど問題はない。安物だと見抜かれる可能性はあるけれども。

 そんなことから、貧困層の多い同窓会では、とりわけ、女性ではセーターを身に着けている割合がみょうに高くなるらしいのだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@