2013年5月4日土曜日

山本五十六の名言:日米での違い

 聯合(れんごう)艦隊司令長官山本五十六(いそろく)の名言といえば、日本では、つぎの2つが有名である。

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

苦しいこともあるだろう。
云(い)い度(た)いこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣き度(た)いこともあるだろう。
これらをじっとこらえていくのが男の修行である。

 ところが、アメリカ合衆国では、この2つはあまり知られていない。アメリカ人が知っている山本五十六の発言はつぎのものである。

I fear all we have done is to awaken a sleeping giant and fill him with a terrible resolve.
直訳:われわれがなしたすべてのことが、眠れる巨人の目を醒(さ)まし、おぞましき(開戦の)決意で彼を満たすことになるのを私は怖(おそ)れる。
一般的な意訳:われわれは眠れる巨人を起こしてしまったのかもしれない。

 この台詞(せりふ)は、映画『トラ・トラ・トラ』や『パール・ハーバー』に出てくるのだが、日本では、こんなことを山本五十六は言っていないというのが一般的である。けれども、英文の資料を読むと、史実であるとしようとしているものが多い。

「眠れる巨人を起こしてしまったかもしれない」というのを、アメリカ人は、甚(いた)く気に入っているらしい。



↑こんなものが売られていることが驚きだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@