2013年10月24日木曜日

日本の一流企業の社長やCEOには、涙袋(なみだぶくろ)のある人がものすごく多い。

涙袋(なみだぶくろ)とは、目の下にある下瞼(したまぶた)にそったふくらみのことである。

『日本経済新聞』や月刊誌の『プレジデント』を読むと、一流企業の社長やCEO(最高経営責任者chief executive officer)がよく登場する。すると、涙袋のある人がほとんどなのである。

たまに、涙袋のない社長がいると、2代目社長や3代目社長だったりする場合が多い。

また、いわゆる成り上がり者の新興企業の社長だったりする場合が多い。

加齢(かれい)によって涙袋ができた可能性もあるが、涙袋のない老人は少なくないから、なんらかの相関関係があるのかもしれない。

ところで、インドでは耳の小さい人は信用されないという。これにもなんらかの相関関係があるのだろう。

あ、そういえば、ツングース系の人たちは耳が異常に小さいな。

参考記事→遊牧民ツングース系の顔立ちというものがあって……。

ちなみに、私には涙袋はまったくない。耳は大きくて、おまけに福耳なんだけどね。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@