2009年4月19日日曜日

秋山眞之(真之)が7歳か8歳のときに詠んだ歌

 秋山眞之が7歳か8歳のときの詠んだ歌を見つけた。
 眞之は雪の日に北の窓をあげてそこから用を足して歌をつくったという。

 雪の日に北の窓開けシシすれば
  あまりの寒さにチンコちぢまる

 秋山眞之は海軍兵学校を主席で卒業し、日露戦争での日本海海戦の作戦を立てた人物だが、幼少のときに、こんな歌をつくったというのがおもしろい。
 HAL496の生徒に紹介したら、男子生徒が大笑いするのは当然として、女子生徒も大笑いしていた。女子生徒にこの歌のおもしろさがわかるのだろうか?

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@