2013年10月1日火曜日

今も、高床式倉庫は、全国各地でつぎからつぎへと造られているよ。

高床式倉庫(たかゆかしきそうこ)は、日本にあっては、縄文時代には、すでに見られる。日本のように温暖湿潤(おんだんしつじゅん)な気候では、地面に接する倉庫は具合が悪い。湿度が高すぎるのである。また、古代の高床式倉庫には、いわゆる鼠返し(ねずみがえし)もあり、鼠に対する防御(ぼうぎょ)という点でも高床式にすべきであったのだろう。

ところで、高床式倉庫は、現在の日本でも、全国各地で造られている。

この高床式倉庫は「こうしょうしきそうこ」と読む。ロジスティックス(兵站学(へいたんがく))の用語である。

倉庫の床の高さをトラックなどの荷台の高さと同じにするのである。そうすることによって、荷物の積み下ろしを効率化させる。いちいち、荷物をトラックから降(お)ろさなくて済(す)むのだ。水平移動で済む。

とはいえ、新入社員がロジスティックスの部門に配属され、間違って「たかゆかしきそうこ」を読んでしまう事態(じたい)が頻繁(ひんぱん)に起こっているだろう。

トラックの荷台と高さが同調(どうちょう)していることから、床高同調型倉庫(しょうこうどうちょうがたそうこ)とでもしていれば、かっこよかったと思うんだけどね。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@