2014年5月7日水曜日

ジェネリック医薬品は利鞘(りざや)が大きいらしい。

5月2日に左顎下腺唾石症になり、日本歯科大学附属病院で診察してもらってから、病院の近所にある薬局に薬を処方してもらった。

そこの薬局の薬剤師が、ジェネリック医薬品を、むやみに薦(すす)める。

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品ともいい、先発医薬品の特許が切れてからのものなので、安価な開発費で済み、主成分は同じ医薬品である。

しかしながら、まったく同じ材料・工程で製造しているわけではないから、先発医薬品にはない副作用があったり、あるいは、薬効が同一ではないことがあるらしい。その結果、医師や薬剤師には、必ずしも信頼できないという意見がある。

このことを知っていたし、また、莫大(ばくだい)な新薬開発費のこともあるから、ジェネリック医薬品を購入したいとは思わないので、先発医薬品を購入したいと申し出た。

ところが、薬剤師は、みょうなまでにしつこくジェネリック医薬品を薦める。

これは、何か裏があるに違いないと思って、帰宅後、調べてみた。

ジェネリック医薬品だと、先発医薬品の半額くらいになったりして、とにかく廉(やす)く済むのだが、仕入れ値が異常なまでに廉(やす)いので、半額くらいで売っても、薬局の利鞘(りざや)、つまり、儲(もう)けは大きくなるということが判明した。

また、医療費を減らすために、厚生労働省は、ジェネリック医薬品を普及(ふきゅう)しようとしている。

日本のような先進国は、製薬会社の開発費を出すようにしておくべきなのではないかと、個人的には考えている。

もちろん、貧困国ではジェネリック医薬品を使う必要があるだろうけどね。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@