2014年5月6日火曜日

難関小学校の入試問題の特徴のひとつ

5月5日は端午の節句(たんごのせっく)であった。

5月4日には、高級スーパーマーケットでは、菖蒲(しょうぶ)が売れていた。

名門小学校の入学試験では、この手のことがらについての出題がされる。

日本の伝統的な行事を実行しない人々は、つぎのような人々である。

1)帰化したとはいえ、もともとは日本人でない。
2)今でも日本人でない。
3)日本人であっても経済的な余裕のない貧困層(ひんこんそう)である。
4)ただの成金(なりきん)にすぎない。
5)「菖蒲湯」に関しては、左翼系は実施しない。

「菖蒲湯(しょうぶゆ)」の「菖蒲」は「尚武」と音(おん)が同じで、「尚武」は「武(ぶ)を尚(とうと)ぶ」の意味であり、左翼系の思想の持ち主は、菖蒲湯を「尚武」に通じるということで嫌う。

以上のように、日本の伝統行事について幼稚園児に質問することで、名門小学校は、自校にとって、好ましからざる生徒を入れないようにしている。伝統行事をしない、あるいは、やれない家庭の子どもが合格しにくくなるようにしているわけだ。

あからさまな差別とはいえない形で、こんなふうにしている日本は、なかなかおもしろいと言えよう。

日本人は、「不当な差別」は嫌うけれども、それなりの理由のある「区別」は大好きな気がする。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@