2009年7月11日土曜日

駅前で美容室のチラシはよくもらうが、理髪店(床屋)のチラシはもらわない理由がわかった。

駅前などで、美容室のチラシをよく貰(もら)う。ところが、理髪店、つまり、男性用の床屋のチラシを貰うことがない。なんとなく、不思議に思っていた。その理由がわかった。

女性は、あちこちの美容室でいろいろと試してみる傾向があるそうだ。つまり、ひとつの美容室にこだわりはしないという。

一方、男性は、ここだと決めた理髪店があると、いつまでもその店に通う傾向がある。作家の村上春樹は、引越ししてからも、以前からの理髪店に1時間以上もかけて髪を切ってもらいに行っていたそうだ。この例だけでなく、長距離にも拘(かか)わらず、馴染みの床屋に通うという例は多い。

自分は髪型に大したこだわりがないので、いろいろな美容室を試してみる女性の心理も、ひとつの理髪店にこだわる男性の心理もよくわからない。

   

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@