2009年7月24日金曜日

パスタに麻婆茄子をかけて食べてみた。

 昼ごはんにパスタpastaを食べようと、茹(ゆ)で始めた途端(とたん)に思い出した。
 昨日、実家から大量に野菜が届いていたのだ。いかんせん、独(ひと)り暮(ぐ)らしなものだから、野菜などが送られてきたら、傷(いた)む前になるべく早く食べないといけない。送られたものをつぎからつぎへと食べないといけない。
 今回、届いた野菜のうち、量が多くて、かつ傷みやすいのは茄子(なす)だった。
 パスタを茹で始めてから、急遽(きゅうきょ)、麻婆茄子(まーぼなす)を手早くこしらえることにした。猛烈な勢いで調理したら、パスタが茹で上がる前に出来上がった。
 面倒くさいので、そのまま、パスタの上に麻婆茄子をかけて食べた。

 うまい。
 イタリアンと中華とが、これほどまでに調和するとは思いもかけなかった。互いが互いのよさを引き出している。
 「絶妙」とは、麻婆茄子パスタのためにあることばだと思った。
 今後、これを超える素晴らしい料理には、もう、出逢えないかもしれないと思うと、少し悲しくなったくらいだ。
 この記事を読んだ人は、ぜひとも、麻婆茄子パスタを試してほしい。そうすれば、驚きに満ち溢(あふ)れた食事に出逢えるであろう。保証する。

 だが、私自身は、もう2度と麻婆茄子パスタは作らないつもりだ。

 

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@