2009年7月14日火曜日

働き蟻(あり)を砂糖の詰まった容器の中に入れたら、怠(なま)けるのか?

 働き蟻(あり)を砂糖の詰まった容器の中に入れたら、果たして、怠けるのであろうか?

 こんな内容のことを、糸井重里がエッセイかなにかで書いていた。このアイデアがおもしろくて、小学生の生徒に、これを試してみて、観察日記を書くように勧めているのだけれど、いまだにだれもやってくれない。
 だれもやってくれないので、以前のことだけど、自分でやってみた。
 翌日、働き蟻は死んでいた。
 再び、試してみた。
 またしても、翌日、働き蟻は死んでいた。

 うーん、どうしてなんだろう?

 潮解(ちょうかい)という現象があり、これは空気中の水分などを物質が取り込んで水溶液となる現象だ。砂糖にも潮解現象があるらしいから、空気中の水分を砂糖が吸収してゆき、容器内の水分を吸収し切り、その後、蟻(あり)の体内の水分まで吸収し、その結果、働き蟻(あり)が死ぬのではないかという可能性を考えたが、わからない
 いろいろと調べたり、勉強したりすればわかるだろうと思っているのだけれど、きっかけがなければ、真相を追究する気にはならない。
 うちの小学生の生徒が、挑戦してみてくれれば、真面目に調べようと考えているのだけれども、だれも、この観察をやってみようとは思ってくれない。



↑これによれば、栄養のあるゲルの中で働き蟻を飼うと本当に働くのは20%くらいだそうだ。「働き蟻の法則」というものによれば、働いている蟻:怠けている蟻の割合は「80:20」(あるいは「90:10」)とされるが、栄養のあるゲルの中で飼うと、「20:80」になるのだから、6割(あるいは7割)が怠けるようになるわけか。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@