2009年7月30日木曜日

「私って、いくら食べても太らない体質だから」というのは、とても恥ずかしい発言である。

私って、いくら食べても太らない体質だから……」とだれかが言うと、周囲の女性は「羨(うらや)ましい」「いいなぁ」と反応する。
 ところが、よく考えなくてもわかることだが、「いくら食べても太らない」ということは、食べたものを適切に消化・吸収していないはずであり、ひいては排泄物の量も多いはずである。
 少なくとも、私が知っている女性で、本当にいくら食べても太らず、しかも体躯(たいく)の細いのが複数いるが、彼女たちは、全員、うんこの量が多い(と本人たちが言っていた)。
 適切に食物を消化・吸収していないのであるから、食糧資源を無駄にしていることにもなる。「いくら食べても太らない体質」とは、今後の食糧問題を考えると、「環境にやさしくない体質」であるともいえる。

 つまり、いくら食べても太らない体質の女とは、環境にやさしくない大糞女(おおぐそおんな)である。

 「いくら食べても太らない体質」と公言することは、大糞女であると公言していることになる。恥ずかしくないのだろうか? それを羨ましがる神経もわからない。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@