2009年7月21日火曜日

高齢のホームレスは中卒ばかり!?

 何年度の問題だったか忘れたが、早稲田大学法学部の国語の入試問題で出題された文章に、高齢のホームレスは中卒だけだということが書いてあった。
 出題された文章は、『潮(うしお)』という月刊誌に掲載された論文から採ったものだった。筆者がだれだったかは忘れた。
 高齢のホームレスは中卒ばかりだという事実を知ると、高校生であれ、中学生であれ、驚く。いや、大学生でも驚く。
 ところが、これは驚くべき事実ではない。
 もちろん、現在の高校進学率が98%程度であることを考慮に入れると、ホームレスの人々が中卒中心というのを知ると、驚いてしまうだろう。しかし、昭和20年代(1945-54)の高校進学率は20%程度のものだったことを考えると、その年代に高校進学を迎えた年齢層にとっては、中卒が「普通」であって、高校進学率は、今の大学進学率(男子の大学進学率は50%程度、女子は40%未満)よりも遥かに低く、したがって、高校を卒業した者はそれだけで、相当に高学歴であるといえる。
 高齢のホームレスが中卒だけだとして、それは、知能や教養の欠如によるものとはかぎらないのではないか。当時は、そもそも、相当な富裕層でなければ、少々頭がよいくらいでは、経済的な壁によって高校に進学できなかった。
 同時に、資産家の子弟であれば、多少、勉強が苦手であっても、勉強ができるとはいえないような私立高校に進学できたであろう。日本全体が貧乏だった時代には、よほどの金持ちでなければ私立学校には進学させられなかった。この点から、昭和20年代に高校に進学できたというだけで、頭がよかったか、資産家の子弟であったかのいずれかであるか、あるいは両方であるということになる。
 高齢のホームレスが中卒ばかりというのは、ちょっとしかきっかけで道を踏み外した際に、もともと、財産を持たない社会階層出身者が中卒になっているから、そのまま、落ちてしまったということにすぎないのではないだろうか?

  

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@