2014年1月29日水曜日

アニメの『魔女の宅急便』で、いちばん好きなショット

アニメの『魔女の宅急便』で、いちばん好きなショットは、エンディングでさらっと流れる場面である。

飛行船から落ちそうになったとんぼを、キキが間一髪で助け、それがテレビ中継されて、一躍(いちやく)、有名人になる。グーチョキパン店Gütiokipänjäも宅急便の仕事も繁盛(はんじょう)する。

ところで、Gütiokipänjäは、「グーチョキパン屋」と読みたくなるし、また、ドイツ語に見せかけているけれども、どうも、ちがう。いったい、何語なのだろうか? 

エンディングで、ちらりと、キキのコスプレをした幼い女の子が、グーチョキパン店の前を母親と一緒に通り過ぎるところがあり、私はなんとなくその場面がいちばん好きだ。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@