2014年1月4日土曜日

内燃機関が開発されるまで、ガソリンは捨てられていた。

内燃機関、すなわち自動車用・オートバイ用エンジンが開発されるまで、こんなにも火がつきやすいものは危なっかしいということで、ガソリンは捨てられていた。

ゴットリープ=ダイムラーGottlieb Daimlarが内燃機関を発明し、世界初のオートバイを製作し、その後、カール=ベンツKarl Benzが実用的なガソリンエンジンの自動車を製作してから、ガソリンにも使い道ができた。

それ以前のガソリンの扱いは、にわかには信じられないかもしれないが、ウランやプルトニウムよりも、危険な化学物質であった。

灯油はポリタンクでも売ってもらえるが、ガソリンとなると、金属製の容器でないと売ってもらえないのは、ガソリンは火がつきやすいからである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@