2014年1月17日金曜日

戦闘機「紫電=改」の生産効率を2倍にした集団

戦闘機「紫電=改」の生産効率を2倍にした集団がいた。

国策企業として、軍需産業の生産効率を引き上げるのを目的として設立された日本能率協会である。現在の日本能率協会コンサルティングだ。

トヨタ自動車のかんばん方式やジャスト=イン=タイムJust in Time生産システムは、ほんの少し、知っているが、それだけでは生産台数を2倍にできるとは思えない。私の貧弱な知識では想像もつかない。

そして、今でも、日本能率協会コンサルティングのシニア=コンサルタントで、ある会社の生産量を2倍に増やしたという人物がいた。遺伝子が息づいているということか。

新しい工作機械を導入するとか、機械の配置を変えるとか、そういうことをしたのかと思ったが、そうではなかった。機械の操作や扱い方を指導しただけだという。

やはり、何をどうするのか、想像もつかない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@