2014年1月7日火曜日

広域暴力団「鎌倉組」

東洋史学家にして、京都帝国大学教授であった内藤湖南の発言には、おもしろいものがある。

現在、日本で家柄(いえがら)がよいとされる家系は、そのほとんどは「応仁の乱(おうにんのらん)」以降のものである。したがって、現在の日本を知るには、応仁の乱以降だけで充分である。

なるほど、皇室と近衛家くらいしか、応仁の乱以前からの家柄は思いつかないなあ。

広域暴力団「鎌倉組」

鎌倉幕府は、守護・地頭(じとう)を設置して、年貢(ねんぐ)をとった。

年貢を取り立てた守護・地頭は、いわば、みかじめ料(ショバ代)を取り立てる暴力団員のようである。

守護・地頭そのものが、律令制を否定している存在である。

このあたりの点から、広域暴力団「鎌倉組」は的を射ているようだ。

後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)による承久の乱(じょうきゅうのらん)は、犯罪者集団に対する抵抗であったと考えられるが、返り討ち(かえりうち)に遭(あ)い、むしろ、西国(さいごく)まで、広域暴力団「鎌倉組」に支配されるようになる。

そして、室町幕府を経(へ)て、守護が守護大名となり、また、守護大名が戦国大名となり、また、別個に、戦国大名が登場し、戦国時代に突入するが、ヤクザの縄張り争いにほかならない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@