2014年1月11日土曜日

ネグロイド(黒人)が水泳で活躍しない理由

ネグロイド(黒人)の選手が水泳で活躍するは目にしない。

そのことで、人種差別があって、コーカソイド(白人)がネグロイドと同じプールで泳ぐのを忌避(きひ)しているのではないかと考える人がいる。

ところが、実際は、骨密度がすこぶる高く、筋肉もついているので、ネグロイドは、水に浮かばない。ずぶずぶと沈んでしまうのである。

人類はアフリカ大陸で生まれた。そのアフリカから外に出なかった人々は、水が苦手だったからである。

水が苦手だから、アフリカ大陸から外に移住できなかったと考えられる。

だから、水泳が得意な民族というのは、経済力がありつつ、アフリカから遠い国となる。

さて、以上の話を生徒にしたところ、近所にある豊島園(としまえん)のプールでネグロイドの男性が2人いたので、本当に泳げないのかと観察したという。

日本人が泳いでいるのを見て、自分も泳ごうとするのだけれども、ぶくぶくと沈んでいったそうである。

そのぶん、西アフリカ系のネグロイドは短距離走が得意だし、東アフリカ系のネグロイドはマラソンが得意だから、人種や民族によって得手(えて)・不得手(ふえて)があるんだろうね。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@