2014年1月18日土曜日

小野田寛郎よりも長く潜伏した皇軍兵士

小野田寛郎(おのだひろお)が2014年1月16日に亡くなった。

よく考えると、この人は、1974年3月に帰国するまで、百数十回、在フィリピンアメリカ軍やフィリピンの警察と戦闘したりして、30人以上、殺傷している。フィリピン政府は、よく恩赦(おんしゃ)を出したもんだと感心する。

さて、この小野田寛郎よりも長く潜伏した日本軍兵士がいる。

中村輝夫である。民族名をスニヨンという。

1942年に志願し、入所している。このときの競争率は48倍だった。大したもんだなあ。

小野田寛郎は1974年3月に帰国しているが、中村輝夫は、1975年1月に台湾に帰国している。
コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@