2014年1月14日火曜日

遊星と惑星

英語のplanet、フランス語のplanète、ドイツ語のPlanet(ドイツ語では普通名詞も大文字で始まる)などの訳語として、「惑星」と「遊星」があった。

「惑星」は東京大学が、「遊星」は京都大学が、こう訳せばよいのではないかと考えた。

30数年前の世界史の教科書などでは、記憶が曖昧(あいまい)なのだが、「ケプラーの遊星の三法則」とされていた。しかし、最近では、「ケプラーの惑星の三法則」や「ケプラーの三法則」となっている。

「惑星」という訳語が「遊星」よりも圧倒的に優れていたとは思えない。

高等学校などの教科書は東京大学の教授が執筆する。すると、東京大学の教授たちが使う訳語が一般的なものとなる。

なぜ、そういうことになるか。日本の出版社の大半は東京にあるので、東京大学の教授に執筆依頼が集中するからである。

この点で、あれほどのノーベル賞学者を輩出(はいしゅつ)している京都大学は損をしているようである。

ところで、『宇宙戦艦ヤマト』ならびに『宇宙戦艦ヤマト2199』で「遊星爆弾」というものが登場するが、「遊星」は本来planetなのだから、あれはおかしい。「隕石爆弾(いんせきばくだん)」などとすべきであろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@