2014年1月20日月曜日

『永遠の0(ゼロ)』に関する疑問

『永遠の0(ゼロ)』は、小説も映画も大ヒットしているそうである。

原作の小説を読んでもいなければ、映画も観ていない。

ちょろっと、予告編を観(み)てみた。

『永遠の0(ゼロ)』に登場する宮部久蔵(みやべきゅうぞう)は、天才的な戦闘機乗りだが、海軍一の臆病者だという。どうやら、死にたくないらしい。

ところが、戦闘機乗りは、元来、戦死率が高い。

死を怖(おそ)れるのであれば、戦闘機乗りにならず、たとえば、兵站(へいたん=補給)などを担当する主計科などを選べばいいのにと思ってしまう。

さらには、徴兵忌避(ちょうへいきひ)は、いくらでもできた。

映画の予告編から、子どもが生まれて、生命が惜しくなったのかもしれないと考えたが、戦争末期はどうだったのかは知らないが、特攻隊員に指名されるのは、帝国海軍の場合、次男以下で、妻子のいない者に限られた。それなのに、特攻を志願するのは理解に苦しむ。

映画を観るなり、原作の小説を読むなりしないと、こうした疑問は解決しそうにないので、時間のあるときに、映画を観たり、原作を読んだりしてみようかと思った。

そこで、はたと気づいた。

これは、原作者による罠(わな)なんじゃないか、と。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@