2009年6月20日土曜日

入院時の医療ミスを軽減する方法

 病気であれ、ケガであれ、入院した際に、医療ミスを軽減する方法がある。
 親類または友人に医師がいると、担当医や看護師に伝えること、これである。
 私自身の経験で、こういうことがあった。
 ある大学病院に長期入院した際に、入院して数日後に、医師である高校時代の同級生に、院内の公衆電話でいろいろと問い合わせたところ……ということを話した。すると、後日、カルテの隅(すみ)に、あるマークがついていた。
 その印(しるし)が気になっていたので、退院後、友人の医師に問い合わせた。

親類または友人に医師がいると、こちらが医療ミスを犯した場合、その医療ミスに気がつかれる可能性が高く、ひいては、医療訴訟を起こされる可能性も高くなる。そこで、親類または友人に医師がいる患者のカルテに、暗号としての記号を記入する。医師ならびに看護師は、カルテにその記号がついている患者の場合には、ふだんよりも注意深く、丁寧(ていねい)に診察・治療をするようにしているという。

 ということは、医学部進学者が多くいる高校に進学した者は、親類に医師がいなくても、「友人の医師が……」などと言うと、上質な治療が受けられるということになる。医療ミスも減るだろう。
 若いときに勉強していると、こんなところでも、ちょっとした利益が得られるということか。
 一方、親類縁者・友人に医師がいない場合は、不利益を蒙(こうむ)ることになる。どうせ、医療ミスに気づくことはないのだし、今は、忙しいのだから、適当にやっちゃえとなる(かもしれない)。若いときに勉強していなかったばかりに、場合によっては、生命にも関わる状況もあるわけか。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@