2009年6月27日土曜日

木曽三川(きそさんせん)の憶え方

 木曽三川とは、愛知県西部・岐阜県南部にまたがる濃尾平野を流れる3つの河川の総称である。
 西から順に

揖斐川(いびがわ)
長良川(ながらがわ)
木曽川(きそがわ)

である。

 濃尾平野で暮らしている人からすれば、べつにどうということもないが、東京の小学生にとっては、憶えづらい。東京の進学塾の中にはつぎのように憶えようと指導しているところがある。

揖斐川(いびがわ)  イビ
長良川(ながらがわ) ながら
木曽川(きそがわ)  クソをする。

 男子小学生にはインパクトがあって、大いにウケるらしい。
 ところが、これには重大な欠点があった。具体例を挙げよう。

木曽三川のうち、最も西側を流れている川の名前を答えなさい。
答え (×) いびり

木曽三川のうち、最も東側を流れている川の名前を答えなさい。
答え × くそ

 「クソ」はいくらなんでも下品ということで、つぎのようにして教えている。

揖斐川(いびがわ)  イビ
長良川(ながらがわ) ながら
木曽川(きそがわ)  基礎(きそ)練習。

 インパクトがないので、憶えてもらえない。また、低学力の生徒の場合、「いびり川」という誤答は解消されない(だろう)。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@