2013年8月3日土曜日

地頭(じあたま)がよくても勉強しなければならない事例:将棋とオセロ=ゲーム

2013年7月21日投票の参議院議員選挙で上智大学出身の元・フジテレビ社員の参議院議員が落選していた。米長邦雄王将の甥(おい)である米長晴信である。

私は彼と将棋(しょうぎ)を指して、30手くらいで詰まれた。じつは駒の動かし方しか知らなかったのだが、自信満々な態度で、「アマチュアで5段、プロでいえば2段くらいらしいな、俺と勝負しないか」と言ったところ、こいつはできるのかもしれないと彼は勘違(かんちが)いしたようである。

だから、わけのわからない手を打ったが、自信満々で挑(いど)んできたのだから、なにか深い考えたあるのかもしれないと考えたらしい。まったくの素人(しろうと)相手に30手くらいかかったわけだ。こっちが駒の動かし方しか知らないということを知っていれば、20手以下で軽く詰められたであろう。

一方、そのあと、彼とオセロ=ゲームをしたら、64対0のパーフェクト勝ちだった。

将棋指(しょうぎさ)しというものは、形勢が不利になると、熟考(じゅくこう)するのだが、その場合、正坐(せいざ)して、盤面(ばんめん)を見つめる。そういう癖がついているのであろう。オセロ=ゲームをする者は、形勢が不利になっても、正坐(せいざ)はしない。

事(こと)ほど左様(さよう)に、地頭(じあたま)がよくても、きちんと勉強しなければ、勉強した人物にはさっぱり敵(かな)わないということであるとして、ときおり、この話をする。

オセロ=ゲームで初段すら取っていない掃除機先生にパーフェクト負けをするような人が国会議員なのは不安だと言った生徒が少なからずいた。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@