2013年8月19日月曜日

50歳になったとき、近所のおじいさんに「四捨五入すれば私も100歳ですから」と言ったら、馬鹿ウケした。

50歳になったとき、近所の80歳くらいのおじいさんと話をした際に、年齢の割には若いですなあと言われたので、いやはや、四捨五入すれば、私も100歳ですからと言ったところ、大笑いされた。

これはウケるらしいと思ったので、あちこちで自分よりも年長の人にこのネタを使ってみた。無茶苦茶ウケた。

しかし、四捨五入の仕方が間違っている。

たとえば、45歳の人間が四捨五入すれば50歳ですというのは正しい。ところが、50歳を四捨五入して100歳になるというのはおかしい。

それでも大いにウケるのである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@