2013年8月27日火曜日

インパール作戦は終わらない:果たされたインドとの約束

ウ号作戦、一般にインパール作戦Battle of Imphalと呼ばれる作戦は、それほど無謀(むぼう)だったのだろうかと、以前から疑問に思っていた。

2012年6月あたりに、モーヘン=ナオレムMohen Naoremというインド人の映画監督がインパール作戦の映画を制作したいと表明した。彼はMy Japanese Niece(私の日本人の姪(めい))という映画をすでに制作していた。この映画もインパール作戦に関わるものである。

インド独立に関するものを読むと、インド独立の貢献者はマハトマ=ガンディではなく、むしろ、インパール作戦に参加したチャンドラ=ボースChandra Boseと考えているインド人が一般的であるようである。インパール作戦があったからこそ、英印軍の25万人もの兵士がインド国民軍になり、独立をなしえたのである。

以下に貼りつける動画は、NHK取材班が作成したものとちがって、冷静なものであると、今のところは思っている。


コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@