2013年8月15日木曜日

8月15日の玉音放送後に特別攻撃した宇垣纏(うがきまとめ)の話をすると中学生は驚くが、もっとすごいのがあるぞ。

宇垣纏中将(うがきまとめちゅうじょう)は、玉音(ぎょくおん)放送後に特別攻撃(とくべつこうげき)[=特攻(とっこう)]を行なった。

この話は、最近の中学生には、驚愕(きょうがく)すべきものらしい。

ところが、もっとすごいのがある。

陸軍航空隊による最初の特別攻撃隊である万朶隊(ばんだたい)では、大倉巌(おおくらいわお)陸軍少尉が、許嫁(いいなずけ)である親戚(しんせき)の女性とともに出撃しているし、谷藤徹夫(たにふじてつお)陸軍少尉は新妻(いいづま)を同乗させて特攻している。

当時は「二君(にくん)に見(まみ)えず」という考えがあったからなんだけれども、今の中学生にはこうした発想はまったく理解できないらしい。理解できなくてもいいけどね。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@