2014年3月28日金曜日

日比谷公園に関して、少なからずの人が意外に思うこと

日露戦争the Russo-Japanese Warの講和条約は、アメリカのポーツマスで行なわれた。ポーツマス条約the Treaty of Portsmouthである。

このとき、日本は、というか、当時の大日本帝国は、戦争賠償金(せんそうばいしょうきん)が得られなかった。

そのことに憤(いきどお)りを感じ、ポーツマス講和条約反対の国民集会は、日比谷公園(ひびやこうえん)で日比谷焼打事件(ひびややきうちじけん)を起こし、死者17名を出した。

日比谷焼打事件そのものは、日本史で習うことなので、よく知られている。

ところが、「日比谷公園って、日比谷焼打事件の2年前にできたばかりなんだよね」とつけ加えると、どういうわけか、ちょっとばかり驚く人がいる。

日比谷公園は1903年6月1日に開園され、日比谷焼打事件があったのは、1905年9月5日である。

日比谷焼打事件の2年前に日比谷公園が開園されたからといって、驚く理由はわからない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@