2014年3月13日木曜日

「馬鹿(ばか)は風邪(かぜ)をひかない」というのは、厳密(げんみつ)には正しくない。

「馬鹿(ばか)は風邪(かぜ)をひかない」と言われる。

しかし、疫学(えきがくepidemiology)上、これは間違っている。どんな人でも年に1回以上は風邪をひく。

20年間、風邪をひいたことがないという人は、風邪をひいたことがないのではなく、風邪をひいたことに気づいていないだけの人である。

風邪をひいたということに気づかず、ちょっと体調が悪いと思って、運動をしたり、熱い風呂に入ったりして、汗を流し、健康によいものを食べたりして、自然と風邪を治す。

その結果、「馬鹿は風邪をひかない」という俗諺(ぞくげん)ができた。

ところで、私は、春先になると、なんだかみょうに鼻汁(はなじる)が多くなる。ティッシュ=ペーパーで鼻をかんでばかりいる。

「それって、花粉症なんじゃないですか?」

10年以上も自分が花粉症だということに気づかなかった私は、もしかして、「馬鹿」?

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@