2013年7月22日月曜日

脳科学者の茂木健一郎が近所のコンビニで立ち読みをしていた。

少しく以前の話だが、近所の高級マンションに住んでいる脳科学者の茂木健一郎(もぎけんいちろう)が、そのマンションに近いコンビニエンス=ストアで立ち読みをしているのをうちの生徒が目撃して、おもしろそうにそのことを話していた。

茂木健一郎といえば、4億円だかの申告漏れで、無申告加算税(むしんこくかさんぜい)を含む追徴税額(ついちょうぜいがく)が1億6千万円以上になったという過去がある。当時の報道を読んだ範囲内では、本当にうっかりとしていたという印象がある。お金に執着(しゅうじゃく)するタイプに人間であれば、税理士を雇って、節税対策もきちんとやっているだろうし、立ち読みをするよりも、領収書をもらって経費として落とせばよいのだろうが、そういうことをしないのだから、お金のことは気にしていないのだろう。

それでも、4億円の申告漏れをしている人がコンビニエンス=ストアで立ち読みをしているのには、つい笑ってしまったという。

高所得(こうしょとく)の有名人は、おちおち、立ち読みもできんな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@