2013年7月7日日曜日

フロンガスによるオゾン層破壊の嘘とデュポン社の失敗

最近ではオゾンホールの話題を耳にすることはない。というのも、フロンガスによるオゾン層破壊そのものが嘘だったからである。

オゾンホールのせいで、オーストラリアでは皮膚癌(ひふがん)が多いとされたが、オーストラリアの日差しはコーカソイド(白人)には強すぎるだけのことである。逆の事例としては、ネグロイド(黒人)が北ヨーロッパに移住すると、紫外線が少ないので、骨の病気になりやすく、骨折しやすくなる。

詳しくは、「オゾン層 嘘」などで検索するとよいだろう。

では、一体、誰がフロンガスによるオゾン層破壊をしかけたのだろうか? 

アメリカ合衆国の化学会社デュポン社DuPontである。

デュポン社は代替フロン(だいたいふろん)を開発・商品化した。これを売って、大儲(おおもう)けしようとした。だから、こっそりと仕掛け人となって、フロンガスによるオゾン層破壊のキャンペーンを行なった。

デュポン社は大儲けできるはずだったが、失敗した。

日本とドイツのメーカーがそれぞれ、デュポン社の製品よりもすぐれたものを即座に開発したからである。日本とドイツのメーカーが儲(もう)かったにすぎなかった。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@