2013年7月30日火曜日

ドクター中松の「『日本は負けていない』~超経験者しか知らない史実~」について

ドクター中松こと中松義郎(なかまつよしろう)が、アパグループの第4回の社会人部門の優秀賞となる論文を認(したた)めている。「『日本は負けていない』~超経験者しか知らない史実~」である。

第1回最優秀賞誠志賞を受けたのが、元・航空幕僚長であった田母神俊雄(たもがみとしお)で、その論文「日本は侵略国家であったのか」ゆえに退官することとなった。

それはともかく、「『日本は負けていない』~超経験者しか知らない史実」は、やたらと伝聞情報が多く、信頼性に欠けるが、それなりにおもしろい。おもしろいけれども、信頼できない。

アパグループの論文は、論文の書き方の作法を守っていないものが多いような気がする。エッセイにすぎないものが多い。田母神論文を読んだときには、内容の是非(ぜひ)はともかくとして、防衛大学校では正しい論文の書き方をしなくてもいいのだろうかと思ったくらいである。中松義郎の論文を読んだときにも、東京帝国大学ではこのような書き方でも大丈夫だったのだろうかと疑問に思った。

伝聞情報ばかりの論文[=エッセイ]であるのに、それを水増しした書籍が出版された。買ってまでして読む気はしないなあ。ネタとしてはおもしろそうだけど。


コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@