2013年7月26日金曜日

ジブリの『風立ちぬ』のおかげで、ゼロ戦と堀越二郎に関する書籍の売り上げが増えたのは理解できるが、ついでに坂井三郎の『大空のサムライ』も売れていた。

スタジオ=ジブリStudio Ghibliの『風立ちぬ』のおかげで、堀越二郎と零式艦上戦闘機(ゼロ戦)に関する書物の売り上げが増えるのは理解できるし、新潮文庫の堀辰雄『風立ちぬ』がよく売れているのも理解できるが、ついでに坂井三郎の『大空のサムライ』の文庫本も売れていたのは、ちょっと驚いた。

アマゾンAmazon.jpのランキングでは、「地理・歴史」では、現時点で、『大空のサムライ(上)死闘(しとう)の果てに悔(く)いなし』が、第12位、『大空のサムライ(下)還(かえ)らざる零戦隊』が第19位である。「歴史」分野に限れば、『大空のサムライ(上)死闘の果てに悔いなし』は売り上げ第1位である。「風が吹けば、桶屋(おけや)が儲(もう)かる」ってやつだな。

『風立ちぬ』の影響で、今、アマゾンAmazon.jpで売れているらしいのを並べてみる。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@