2013年7月15日月曜日

作家の中村うさぎが日本の右傾化を憂えていたが、ちょっと違うんじゃないかと思う。

作家の中村うさぎが日本の右傾化(うけいか)を憂(うれ)えていた。『朝日新聞デジタル』で発言していた。このまま右傾化が進むならば、夫が香港の人だから、香港に行こうかと検討しているという。

香港そのものには、軍備そのものはないが、1国2制度とはいえ、あくまでも中華人民共和国の一部である。チベットやウイグル自治区、内モンゴル自治区などのことを考えると、日本の右傾化以上のものを感じる。ブータン王国の領土は中華人民共和国に20%ほど奪われている。また、英国から返還(へんかん)させれたとはいえ、キャセイパシフィック航空など、実質的には英国に支配されている企業が香港には多い。そんな場所に移住することがしあわせにつながるのであろうか?

一般の国家は、GDP(国内総生産Gross Domestic Product)の3%以上を軍事費にあてているが、日本は1%である。どんな国に移住しても軍事費の割合はGDP比で3倍以上になる場合が圧倒的である。

また、日本にはスパイ防止法がない。一般の国家では考えられないほどに、他国出身者を信頼していることになる。(その結果、アメリカの産業スパイが跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)しているそうである。)

学生運動などが盛(さか)んだった頃には、日本のデモでも死人が出ることがあったけれども、北欧やその他のヨーロッパやイスラム圏、ならびにアフリカでは、民族や部族の対立によって、かなりの死人が出ている。半(なか)ばイスラム教徒と内戦状態にある国が北欧などにある。

日本のマスメディアはこうした事実を報道しない。

日本の現状を右傾化とするのであれば、世界は完全に「極右化」しているといえなくもないことになる。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@