2013年7月4日木曜日

『嘘だらけの日中近現代史』の著者本人が、この本は題名自体が嘘ですと言っていた。

YouTubeで倉山満が自著『嘘だらけの日中近現代史』に言及した際に、題名そのものが嘘ですと言っていた。

なんのことかと思えば、倉山満によれば、中国は近代にも現代にもなっていないからだという。

なるほど、感心してしまった。著書の宣伝としては、ものすごく効果的かもしれないな。

『嘘だらけの日米近現代史』を読んだら、おもしろかったので、思わず、『嘘だらけの日中近現代史』も買わなければと思ってしまったが、読み終わっていない本が多いので、暫(しばら)くしたら、購入しようと考えている。

追記:2013年7月6日23時の時点で、Amazon.co.jpの歴史・地理のベストセラーのランキングを見てみたら、『嘘だらけの日中近現代史』は、売り上げ2位だった。なお、1位は、予約受付中の『竹林はるか遠く――日本人ヨーコの戦争体験記』だった。これのリンクも貼(は)っておこう。






コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@