2009年10月10日土曜日

ヒューレット=パッカードの陰謀か?

 プリンターは、アップル社Appleのマッキントッシュ=クラシックMaccintosh Classic以来、ある1台を除いて、ずっと、ヒューレット=パッカードHewlett-Packardのものを使っている。1度、エプソンEpsonのプリンターを使ったことがあるが、すぐに壊れた。
 今、使っているプリンターは、自動で両面印刷もできるという優れものなんだけど、ひとつ、問題がある。
「高速印刷/エコノミー印刷」にすると、むやみに振動はするわ、五月蝿(うるさ)いわ、えらいことになる。ところが、「通常印刷」だと、静かに印刷してくれる。
「エコノミー印刷」でトナー代(インク代)を節約すると、振動によって、印刷機本体の寿命が縮まるのではないかとという疑問がある。
 一方、「通常印刷」にすると、振動・騒音がなく、恙無(つづがな)く、プリントが印刷される。

 こうしたことから、ヒューレット=パッカードは、トナー代を節約すれば本体が壊れやすくなり、通常印刷にすると、本体へのダメージは小さいが、トナー代がかかるということにしているのかと思った。
 ところが、パソコンpersonal computerに詳しい人に言わせると、「高速印刷/エコノミー印刷」での静粛性を追求すると、本体のコストが3倍から4倍にはなるだろうという。
 こういうことは、素人では判断できないことだな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@