2009年10月11日日曜日

女ともだちが、ある女優が住んでいた中古住宅を買ったときの話

 ずいぶんと前のことなんだけど、女ともだちが、というか、その親が中古住宅を買った。前の住人は、女優だった。その住宅は、新興高級住宅地の丘の上にあり、フランス窓なんてのがあるような小洒落(こじゃれ)た住まいだった。
 その女優には興味はなかったし、その女優のファンには申し訳ないが、背が低くて、狸(たぬき)かパンダにしか見えなかったこともあってか、一世(いっせい)を風靡(ふうび)したわりには、自分にとってはどうでもよかった。
 ところが、件(くだん)の女優の住まいを女ともだち(の親)が購入したことを、大学時代の先輩に話したところ、その先輩は「掃除機くん、ぜひとも、なにか、貰(もら)ってきてくれ」と懇願(こんがん)する。
 その上で、学士論文(要するに、ふつうの大学卒業時の卒業論文)や修士論文(大学院の前期課程での論文)を取り出し、論文の中で、その女優の名前を主語にした例文を提示し、言語哲学に関してなにごとかを論じていた。当人に言わせると、そのくらいに熱心なファンだと訴えたかったらしい。
 それで、女ともだちに問い合わせたところ、快諾を得た。
 先輩に、具体的に何が欲しいかを訊ねたところ、「便座」だという。言うまでもなく、「便座」というのは洋式トイレについている、あれである。ものによって、U字型やO型がある。この女優の旧宅のものは、U字型であった。
 私はその女優のことはなんとも思っていなかったが、それでも、自分だったら、水道の蛇口のハンドルをもらうところだと伝えてみた。手軽に持ち運びができるし、他人に見せびらかすこともできる。しかし、先輩は、やっぱり、便座がいいという。このあたりになると、もはや理解不能である。
 さて、女ともだちに連絡すると、これまた、快く受け入れられた。普通のトイレから、シャワーつきトイレ、具体的にはTOTO(旧・東洋陶器)のウォシュレットに交換したから、くだんの便座はゴミだから、気にしなくてよいという。
 で、結局は、先輩の依頼のとおりに、その女優の旧邸の便座を貰(もら)いうけ、5月の連休に、2座席のオープンカーの助手席に三越の紙袋に入った便座を載せて、国道246号線を走っているとき、「おれはいったい何をしているんだろう」という気持ちになった。
 


コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@